2015年12月11日

寒い季節になるとカサカサに

普段は肌が乾燥しづらい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまう場合もあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水を使ったり、乳液をつけるようにしましょう。寒い季節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、自分で出来る、肌の手入れを怠らないようにした方がいいです。きちんと保湿しておくことと血行を良くすることが冬の肌の手入れのポイントです。ヒアルロン酸は人体にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」に含まれるゲル状の物質です。保湿力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含有されています。年を重ねるに従って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。スキンケアで1番大切にしたいのはお肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。間違った洗顔とは肌トラブルの原因となり保水力を保てなくなります要因になるわけですね。肌を傷つけないように優しく洗う綺麗にすすぐ、大切なことを意識して洗う顔を洗いましょう。寒い季節になると冷えて血がうまくめぐらなくなります。血のめぐりが悪くなると肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝が不安定になります。そして、肌トラブルを起こしてしまうので、血行促進を心がけることが大事です。血のめぐりが改善されれば、新陳代謝が促進され、健康的な肌がつくりやすくなります。
posted by ノリ at 14:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。